■2003年12月の一言■

12/29 ビールカクテルのメニューが豊富なお店を見つけたんですね。ビールとトマトジュースを混ぜるとか、ビールとジンジャエールを混ぜるとかは知ってたんですが、そこのお店で見たのは、ビールと白ワインとか、ビールとメロンリキュールとかでした。「え、そんなんビールに混ぜて大丈夫なん?」そう思いましたが飲んでみると美味しい!偏見はよくないですね美味しいものを知らないままにするところでした。まずはチャレンジしてみることが大切ですね。(原)

12/27 買ってきたはいいけど読んでいない、家の本棚にそんな可愛そうな本が増えてきています。一冊、一冊ちゃんと読んであげないと本も可愛そうな気がしたので、まずは読んでいない本を本棚の手に取りやすい位置に並び替えをしてみました。手にとって少しずつでも読んでみようと思います。たぶん読み出したらちゃんと読むと思うんですよね。(原)

12/25 昨日、僕のプロフィールページでお伝えしたように妻の実家の近くの店にイタリアンを食べに行きました。下町にひっそりと隠れるようにその店はあるんですが、「本当に美味しいものを食べると笑いたくなる」という気持ちが分かる料理を出してくれるんです。しかも、値段もお手ごろで。今日は狭い店内は予約客でいっぱいで、クリスマスらしい薄暗い雰囲気はとてもアットホームな感じでした。が、やはり大阪。元気で気が利くおばちゃんが店を仕切っていて「お兄ちゃん、ワイン、どれにするか決まったんか?」「○○ちゃん、ちょっとワインリスト持ってきてんか」とカウンターの向こうから声を張り上げておりました。ま、それもまた、お好み焼き屋さんに来たようなアットホームさなんですけどね・・・。(裕幸)

12/24 クリスマス・イブですね。僕がもらった一番印象的なプレゼントは、妻からもらった手編みのマフラーなんです!いいでしょ?でも、高槻でフレンチを食べながらもらったそのマフラーには編み棒が2本、しっかりついていました(笑)プレゼントされたのも嬉しかったんですけど、編み棒付きなのに、きれいにラッピングして渡す妻の度胸と自信に敬服したのが一番の思い出です。(裕幸)

12/22 一足先に仲間うちでクリスマス会をやりました。50人くらい集まって各自が持ち寄ったプレゼントを交換したんですけど、私が貰ったプレゼントの中に花が入っていました。香りのいいフリージアです。数ヶ月前から一輪刺しを始めた私にぴったりの素敵なクリスマスプレゼントでした♪(高野)

12/21 今年も残り少なくなって参りました。年賀状を書かなきゃ・・・と思いつつ、何も手付かずで寒い夜空を眺める今日この頃です・・・。そんな現実逃避をしながら、メインメニューのデザインを変えたり、心理学講座の原稿を書いたり。(裕幸)

12/20 「プロジェクトX」お好きですか? 私のだーりんはこれにも命をかけている中年です。(詳しくはまた!)♪風の中のすばるぅぅ〜。この曲が聞こえると涙します。これを見てる時の彼の背中には哀愁が漂っています。HPで番組スタッフの思いを読みながら目頭が熱くなったと語った彼のこの世界をも、私は理解してみたいと「プロジェクトX 」を見ることにしました。今では一緒に手を取り合って泣いてます。(小川)

12/18 「ゴルゴ13」ご存知ですか? 私のだーりんはこれに命をかけている中年です。「ゴルゴ13」の絶対的な信頼感に惚れているそうです。「あいつに頼めば安心だと、彼が依頼を引き受けると言った瞬間依頼主の目的は達成されたと言っても過言でない、この100%に近い信頼感。そんな男に俺はなりたい…」と熱く語る彼を私は「あーそー」「へー」と聞いてましたが、彼の好きな世界を理解しようと「ゴルゴ13」ある日始めて読みました。今ではお酒片手に一緒に熱く語ってます。(小川)

12/17 なんか久しぶりの雨の日にこんなことを思い出しました。中高生の時は雨の日って好きだったんですよね。理由はクラブの練習がなくなって彼氏と遊べたから。あの頃は毎日雨乞いしてましたね。(笑)今は寒いから雨の日はイヤだし原付バイク愛用者なので困ります。同モノでも好きになったり嫌いになったり、人間って勝手なモノなものなのかもしれないなあ、って思いました。(岡田)

12/16 初雪見ました☆有馬に行った帰りに少〜〜しだけ雪化粧。道も少々シャーベット状。もう12月だもんね。小学校の頃ってもっと季節を感じてたように思うんですよね。雪を見てそっか師走(しわす)なんだなぁって感じました。(岡田)

12/15 ある露天風呂での出来事。そこは柵こそあれど男湯と女湯が丸見えなんです。こういう場合、不思議だけど男の人がすごく気を使って露天から姿を消すことが多いんです。しかし、この日は露天にデデーーンと男の人が一人。しかも女湯がよく見える位置に。(--; ずっといるので他のお客さんもあれ?(・・)?って感じになってきたので友人と三人でいつまでいるのか交代で観察しようってことになりましたがさすがにのぼせそうになってギブアップ。あんなに長湯できるなんて・・・すごい。もしかしてこれは、ビジョンが人を突き動かす力を目の当たりにしたってことなのでしょうか?(岡田)

12/14 『墨グッズ』が何故か私のもとに引き寄せられてるみたいで、友人からよくもらうんです。 実際使ってみて「効いたー!」と思ったのはシャンプーです。洗い上がりがスッキリ壮快!あのシャキっと感がたまらない♪ でも洗顔は試すの勇気いるよなぁ。だって、保湿しとかないとね(笑)(高野)

12/12 もうすぐクリスマスですね。我が家までは最寄駅から歩いて15分もあり普段は一人で歩くには心細い田舎道ですが、この時期突然ネオンギラギラな町並みに変身します。ただし7:00〜10:00まで。近所の人たちがクリスマスのライトアップをするんです。トナカイが走ってる電飾をつけたり、ベランダに輝くサンタをおいてみたり…。初めはそこ2件だけで盛り上がっていたものでしたが、自然とそれは広がって、今では沢山の人が参加して、「プチルミナリエ」と化してます。怖かった田舎道もこの時期だけはわくわくながら毎日通ってます。(小川)

12/11 テレビでスイスの腕時計職人のドキュメンタリーをやっていました。腕時計が大好きな僕は夢中になって見てました。機械式の時計ってほんと芸術品ですし、職人さんの根気や意識は尊敬せざるを得ません。その心が込められた時計をひとつでもいいから持ちたいものです。(裕幸)

12/10 そろそろ年賀状の準備を始める頃ですが、私のプリンターは壊れてしまっていて黒だけプリントできません!!修理に出したらいつ戻るかわからないし・・・ブラック抜きで他のカラーのみで無理やりデザインを考えましたが、思った以上にカラフルで(これは当たり前?)キレイな仕上がりで大満足です。しばらく黒抜きでもいいかな。(北上)

12/9 レンタルビデオ屋に行って、海外ドラマのDVDを、いっきに10本ほど借りてきました。やめようやめよう、と思いながらも、続きが知りたくて最後まで見てしまい、夜が明けてしまいました。翌日は休日だったのでよかったですが、映画と違ってドラマは時間が長いので、見始める時は要注意です。(北上)

12/8 会社時代の私の部長さんが転勤で東京から大阪に帰ってきたので昔の仲間で部長の [お帰りなさい会]をしました。退職してかれこれ3年。いまだにこうして会えるの は嬉しいもので、懐かしい話をしながらちょっと昔に戻ったような時間を過ごしまし た。久しぶりにスナックに連れて行ってもらいました。ママさんにも歓迎されて、覚 えててくれたことが嬉しかったです。調子に乗って飲めないお酒も飲んで楽しい時間 でした。(^^;(岡田)

12/6 私の部屋は、5階建ての建物の4階にありますが、エレベーターがついていません。階段を上って部屋にたどりつくまでの間に、その日の自分の体調がわかります。1段抜かしで駆け上がれる日もあれば(滅多にそんな日はありませんが)、途中でひと休みしてしまう日もあります。今日は・・・めずらしく軽快なステップでした!(北上)

12/5 こないだ心理学講座で、ある人から「そのネクタイテレビでしてたやつと同じですね。」って話しかけてくれた人がいました。よく見ているんだなーとその記憶力と注意力にびっくりしました。そういえば、「そのネクタイはこないだ今日の一言で書いていたスヌーピーのネクタイですよね」というお声も何人かいました。こんな小ちゃなコーナもちゃんと見てくださって、しかも記憶に残してくださってほんま嬉しいです。(原)

12/4 「リサとガスパール」って聞いたことありますか?海外の絵本なんですけど、日本でも密かにブレイクしてるみたいですね。 私がこの絵本を知ったのは実は銀座の文房具屋で(笑)片隅にこのキャラクターグッズがあったんですよ。なんとなく引き付けられて見て いると非売品として絵本があったんです。それを読んだ時はホント人目をはばからず大笑いしてしまいました。子供向けとはいえ、大人のファンも多いこの絵本。ハマルととことん知りたくなる私は、その後全シリーズを読みましたが、一番のオススメは『リサとガスパールのであい』です。「統合本」ですよ、これは☆(高野)

12/3 久しぶりにマッサージに行ってきました。スウェーディッシュ・マッサージといって、その名のとおりスウェーデンのマッサージらしいのですが、オイルを使って、全身ぐいぐい押してくれるので最近はまっているんです。体のコリがほぐれるのもいいんですが、頭や顔もマッサージしてくれて気持ち良過ぎていつも寝てしまいます。毎回、自分のいびきでハッと目が覚めるのですが、気持ちいいけど、けっこう恥ずかしいもんです・・・。(裕幸)

12/1 最近あるビジネス書の著者のファンになりました。その人はビジネスの世界で成功してる人なんですが、その人が書いていることは僕がやっている心理学と同じようなことが書いているんですね。だからなおさら「わかる、わかる」って思いました。そして、その本を読んだ感想はビジネスでもなんでもやっぱり人間関係と愛情が大事なんだなーと思いました。(原)


戻る