■2008年2月の一言■
 
2/28 このところ私が愛用しているJALさまは国内線の予約を随分先まで受け付けてくれるようになったんです。2月の始めからは、なんと6月いっぱいの航空券予約が可能なのですが、そうはいってもそんな時期の予定はまだ確定してないし、そのときの状況がどうなってるのか分からないし、でもでも、やはり窓側やお気に入りの席を確保したいし、ということで、様々な葛藤を抱えながらネットで予約を入れてます。幸い支払いは先なので都合が悪くなれば変更すればいいのです。それに、やはり仕事とは言え、旅行の予約はわくわくしますね。何はともあれ、6月末までは出張日程がほぼ決まりました。約20回は飛行機に乗る予定です!(裕幸
 
2/25 我が家の乳児は、まだ、あまり言葉が話せません。が、なんとなくコミュニケーションはとれている気はしています。ある日、寝室で眠らず遊んでいる息子に「眠らないの?」と聞くと「うぃー」と答えてた。『フランス人か』と心の中でつっこんでしまった。(
 
2/21 昨年から車で出かけることが増えたのですが、どうして子どもというのは車に乗るとすぐに眠ってしまうんでしょうね?気持ちいいからでしょうか。温かくて安心するからかな〜。静かになるなどいい面もあるんですけど、一度寝たら4,50分はお昼寝させてあげたいので、その間の過ごし方に苦慮させられます。ちょっと前までは奥さんの運転練習に当ててたのですが、今はちょっとネタ探し中です。いい案あったら教えてください!(裕幸
 
2/20 名古屋に出張する日に大雪が降りました。すごい雪でしたね。ホテルに行くのにトランクを引いていったんですが雪に埋まって車輪が回りません。結局、トランクを持ち上げて歩くことに。重かったです。でも、おかげで踏み固められた雪で滑りそうになった時に、持ち上げたトランクが杖代わりになって転ばずにすみました(
 
2/18 出張に向かう飛行機や新幹線の中は私にとっては貴重な時間。お昼寝タイムにすることもありますが、どこに行くにも移動時間は1時間なのでたいていはパソコンを広げ、普段溜まりがちなメールに返事を書いたり、NTT Docomo向けの記事を書いたり、心理学講座や気付きメモを文章化したりしています。意外に集中できていいものが書けるような気がするんです。因みにひとりごとネタも羽田便を待つ大阪空港にてしたためました。(裕幸

2/14 うちの子は幼稚園の帰りに訳のわからない大泣きをしてママを困らせています。しかも、同じバス停のママ達の間では一種の名物になっているほどに。しかも、その大泣きする娘を自転車に乗せて走るものですから「これじゃ、習い事に行きたくないと駄々を捏ねる娘を無理引っぱたいて連れてる親みたいに思われる〜」と。途中交番の前を通ったりしますからママが職務質問されないように、願っております。 (裕幸

 

2/11 福岡へのJAL便は朝早いものしかなく、まだ真っ暗な時間に家を出て空港に向かいます。そうすると9時には福岡に到着してしまうので、そこから後の時間をどう楽しむか?は毎回私に課せられた“課題”なのです。とりあえず11時になればカフェが次々オープンするので、それまでの時間はこうしてスタバとかホテルのカフェなどで仕事をしつつ、朝の街を眺めるようにしています。色んな人がいて面白いのです。 (裕幸
 
2/7 福岡行きの飛行機を待っているとちょうど目の前から太陽が昇ってきました。雲の間から覗いた朝日なのですが、かつて毎年のように初日の出を拝みに行った記憶が蘇りました。最近は、日の出を見たことの無い子どもも多いそうですが、うちの子にも何かの折に拝ませたいところです。 (裕幸
 
2/4 友人と近所の焼肉屋に出かけました。有名人も訪れる名店なのは知っていましたが、なかなか足を踏み入れたことが無かったんですね。でも、その味に友人共々言葉を失うくらい美味く、なんでもっと早く来なかったんだろう!!と思ってしまうほどでした。これからは、ぜひ、ここに通おうかな?とか思っています。 (裕幸


戻る