■2008年5月の一言■
5/31 子連れで、かつ、車にて京都に旅行してきました。数年ぶりに訪れましたが、ほんと、いいところですねー。やっぱり京都はいいなあ、好きだなあ、また来たいなあ、という思いを募らせてました。1泊2日で2つの寺社をめぐるってのも、かなり余裕のある旅で、また美味しいソバにうどんと、昼食にもこだわってみました。とはいえ、うろちょろ走り回るわ、抱っこをせびる生き物がいて、腰へのダメージも大!(裕幸
 
5/29 名古屋に出張するために新幹線に乗りました。普段出張といえば飛行機なので、なんだかとても新鮮な気持ちになります。新緑の季節を快適に走り抜けるのは格別の風景で、気分もとても爽快です。ただ、やってることは飛行機と変わらず、この隙に!とメールの返信やら「今日のひとこと」を書いたりしてるのです!(裕幸
 
5/26 カウンセリングの休憩時間にぱちぱちとパソコンで仕事をしていることが多いのですが、カウンセリングルームというのは仕事場という認識があるからでしょうか。なんだか、とても集中できてしまうんですよね。新しい発見と同時に早く仕事場を持てるようになりたいなあ〜と思うのでした。(裕幸
 
5/22 五月晴れのいい天気の中を散歩していると、気持ちいいなあ・・・と思いつつも、時々、くしゅん、くしゅんとくしゃみが出るのです・・・。なぜならば、花粉症(イネ科)だからなのです!!ははは(汗)秋まで続くそうですから、もう年中行事ってことですね!(努めて明るく)(裕幸
 
5/19 娘が通っているダンス教室の発表会というかコンテストが大阪市中央公会堂で開かれたんですね。うちのは趣味程度でかわいいものなんですが、本格的にやってる教室では大人顔負けのすごいダンスで感動・感心させられました。しかし、パパはその半地下のずっと小さい会場で講座をしてるのに、娘は4歳にして大ホールデビューです。(裕幸
 
5/15 先日、友人の家に招かれて夕食をご馳走になってきました。その家は最近建った新築で、うちの奥さんも、新しいマンションの内装や設備に感動しまくっていました。デザインはもちろん、機能も充実していてすごくきれいですよね。我が家も住んで10年近く経つし、狭いので、そろそろ引越しも考えようかなあ〜という気分にさせられました。(裕幸
 
5/12 福岡へ着くJAL便は朝早いので、ホテルに荷物を預けた後の過ごし方がとても貴重。朝からやってるカフェでパソコンを広げて仕事したり、温泉やスーパー銭湯にでかけてほっこりしてみたり、近くのマッサージ屋さんでふにゃふにゃになったり。でも、昼食時には「やっぱり福岡なんだから」とラーメンが食べたくなるんですね。この辺はパブロフの犬化してますね。(裕幸
 
5/8 福岡の出張中、心理学ワークショップにお越しいただいた方に、福岡の美味しい処情報を教えていただきました。その中にカウンセリング会場から近いお店があったので即行きました。さすがお勧めのお店!出していただいた品を口にいれたときニヤッとしてしまいました。地元の方の情報はさすがですね(
 
5/5 約1年ぶりの石垣島はまた新しい店、新しいアパートが増えていて、どんどん発展してるんだなあ・・・とリアルに感じられます。街にも移住者と分かる本土顔がたくさんあって、いいなあ〜と思う反面、どうやって生活されてるんかなあ〜などとも思ったりします。やはり理想は大阪と石垣を自由に行き来できることですかね。たぶん、それなりの都会がないと自分も生きていけないので。(裕幸
 
5/1 息子が私と妻の結婚式の写真を指さして「パー(パパの意味)」と言っていました。息子に「パパとママが好き、好きって結婚して、一心くんが生まれたんだよ」と写真を見ながら息子に話をしました。感動的な話をしたなと思いつつ息子の顔を見たところ、息子は鼻をほじって聞いておりました(笑)(


戻る